Japan Australia Information Link Media パースエクスプレス
フォトジャーナリスト宇田有三氏による衝撃ルポ  
On The Road by.Yuzo Uda

シリーズ186 「宇田有三氏の世界」

シリーズ185 (最終回)「漂泊のフォトジャーナリスト」

シリーズ184「記者としてのフォトジャーナリスト」

シリーズ183「写真家としてのフォトジャーナリスト」

シリーズ182「ビルマ(ミャンマー)の25年ぶりの総選挙が終わった」

シリーズ181「記憶と記録の交差点(6)―< Room 411 >に暮らして(3・下)」

シリーズ180「記憶と記録の交差点(6)―<Room 411>に暮らして(3・上)」

シリーズ179「記憶と記録の交差点(7)―<Room 411>に暮らして(2)」

シリーズ178「記憶と記録の交差点(6)―<Room 411>に暮らして(1)」

シリーズ177「再度―『ロヒンジャ問題』をてがかりにして」

シリーズ176「一本独鈷の大道芸人―ギリヤーク尼ヶ崎」―記憶と記録の交叉(5)―

シリーズ175「新刊『観光コースでないミャンマー(ビルマ)』のご案内」

シリーズ174「記憶と記録の交叉(4)」

シリーズ173「宇田有三の世界に触れる」

シリーズ172「記憶と記録の交叉(3)」

シリーズ171「記憶と記録の交叉(2)」

シリーズ170「記憶と記録の交叉(1)」

シリーズ169「「抗いの彷徨(9)―下」

シリーズ168「「抗いの彷徨(9)―中」

シリーズ167「「抗いの彷徨(9)―上」

シリーズ166「抗いの彷徨(8)」

シリーズ165「抗いの彷徨(7)」

シリーズ164「抗いの彷徨(6)」

シリーズ163「抗いの彷徨(5)」

シリーズ162「抗いの彷徨(4)」

シリーズ161「抗いの彷徨(3)」

シリーズ160「抗いの彷徨(2)」

シリーズ159「地道な『国民の知る権利』の行使」

シリーズ158「抗いの彷徨(1)」

シリーズ157「“On the Road”『オン・ザ・ロード』」

シリーズ156「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして 最終回」

シリーズ155「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(10)」

シリーズ154「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(9)」

シリーズ153「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(8)」

シリーズ152「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして─番外編─」

シリーズ151「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(7)」

シリーズ150「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(6)」

シリーズ149「風になりたい」

シリーズ148「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(5)」

シリーズ147「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(4)」

シリーズ146「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(3)」

シリーズ145「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(2)」

シリーズ144「『ロヒンジャ問題』を手がかりにして(1)」

シリーズ143「続『ビルマ(ミャンマー)』から『沖縄』へ」

シリーズ142「『ビルマ(ミャンマー)』から『沖縄』へ」

シリーズ141「当事者の声がきこえない(下)」

シリーズ140「当事者の声がきこえない(上)」

シリーズ139「筆者『宇田有三』と『On the Road』」

シリーズ138「独裁国家の変化─鵺のような捉えどころのなさ」

シリーズ137「ビルマ(ミャンマー)の女性たち(1)」

シリーズ136「原子力とだまされた責任」

シリーズ135「何が彼を変えたのか」

シリーズ134「写真民俗誌/写真民族誌への手がかり(4) ─やはり現場に行く大切さ」

シリーズ133「写真民俗誌/写真民族誌への手がかり(3)」

シリーズ132「写真民俗誌/写真民族誌への手がかり(2)」

シリーズ131「写真民俗誌/写真民族誌への手がかり(1)」

シリーズ130「最初で最後の新聞記事」

シリーズ129「アウンサンスーチー氏の解放の喜び」

シリーズ128「--14年の後、結婚しました--」

シリーズ127「宇田有三が見るビルマ(2010年)」

シリーズ126「書くことと自然の癒し」

シリーズ125「恐怖と隣り合わせの日本の戦後民主主義」

シリーズ124「信仰のある風景」

シリーズ123「ビルマの暑い日々」

シリーズ122「表の仏教、裏のナッ神」

シリーズ121「黄色やら、赤やら、ピンクやら」

シリーズ120「差別の構造」

シリーズ119「それを言うことによって何を言う」

シリーズ118「閉ざされた国 ビルマ(後)」

シリーズ117「閉ざされた国 ビルマ(前)」

シリーズ116「今、あえて『志(こころざし)』を」

シリーズ115「惚れ惚れとする顔の皺(しわ)」

シリーズ114「音が見えない」

シリーズ113「ジャーナリズムが存在する限り」(再・下)

シリーズ112「ジャーナリズムが存在する限り」(再・中)

シリーズ111「ジャーナリズムが存在する限り」(再・上)

シリーズ110「遠くはなれたエルサルバドル」

シリーズ109「みる(後編)」

シリーズ108「みる(前編)」

シリーズ107「変色した新聞記事と変わらぬ写真」

シリーズ106「働くこと」

シリーズ105「最近、アルバムに写真を貼りましたか。」

シリーズ104「もし、平等ならば」

シリーズ103「誰が貧乏くじを引くか」

シリーズ102「地域をつなげる国境線・時代を分線かつ国境」

シリーズ101「現地に入る意味」

シリーズ100「それでも救いがある世の中」

シリーズ99「神や仏はどこにいる?」

シリーズ98「オリジナルデータの真偽」

シリーズ97「2008年1月−ビルマ/タイ国境風景−」

シリーズ96「Visiting the northernmost village of Burma (Myanmar)」<2>

シリーズ95「Visiting the northernmost village of Burma (Myanmar)」<1>

シリーズ94「流血のデモ鎮圧、その後」

シリーズ93「新たな恐怖がビルマを覆う」

シリーズ92 「YUZO'S PHOTO WORLD BLOGより」

シリーズ91 「囚われの身の人びと」

シリーズ90 「分かち合いのルール」

シリーズ89 「自らを救う合理性」

シリーズ88 「ビルマのムスリム」

シリーズ87 「ヒマラヤ山系−東の端から(2)」

シリーズ86 「ヒマラヤ山系−東の端から(1)」

シリーズ85 「『デジカメ』一考−その4−」

シリーズ84 「『デジカメ』一考−特別編−」

シリーズ83 「『デジカメ』一考−その3−」

シリーズ82 「世代を超えた『共同幻想』から」

シリーズ81 「写真に思想と現実を写し込めるのか」

シリーズ80 「視線のその先には」

シリーズ79 「子ども時代に戻りたい?」

シリーズ78 「『正論』、ちょっとやめてみません?」

シリーズ77 「自分は自分の主人公?」

シリーズ76 「写真展にて」

シリーズ75 「『働く』ということ」

シリーズ74 「宇田有三が撮るビルマ 」

シリーズ73 「『伝える』から『分かち合う』へ 」

シリーズ72 「居心地の悪さ」

シリーズ71 「アジアハイウェイ−ビルマ/タイ・ルートを行く(その2)」

シリーズ70 「アジアハイウェイ−ビルマ/タイ・ルートを行く」

シリーズ69 「−ローザ・パークス逝去−」

シリーズ68 「青い稲穂の裏側に」

シリーズ67 「分かち合う」

シリーズ66 「『赦す』ということ」

シリーズ65 「あなたの背中が見えてきました」

シリーズ64 「時間よ、とまれ」

シリーズ63 「内戦は終わったけれど」

シリーズ62 「『デジカメ』一考A」

シリーズ61 「『デジカメ』一考」

シリーズ60 「明日を夢見て」

シリーズ59 「それぞれの故郷(ふるさと)」

シリーズ58 「値段交渉」

シリーズ57 「広告商品を手にしたアルキメデス」

シリーズ56 「宇田有三とワイルドフラワー」

シリーズ55 「時代を超える創作活動」

シリーズ54 「『何もない国』から」

シリーズ53 「忘れられた『虐殺の記憶』」

シリーズ52 「自分のために」

シリーズ51 「夢の旅路」

シリーズ50 「祈りの風景」

シリーズ49 「かつぐ子どもたち」

シリーズ48 「・・・ったく」

シリーズ47 「歴史に翻弄される人びと」

シリーズ46 「スーチー…(後編)

シリーズ45 「スーチー…(前編)」

シリーズ44 「Living on the run」

シリーズ43 「宇田有三ビルマを撮る」

シリーズ42 「宇田有三とパース」

シリーズ41 「宇田有三のビルマ」

シリーズ40 「宇田有三をウェブサイトで見る」

シリーズ39 「どうやって生活しているのだろう。」

シリーズ38 「『私の敵』が見えてこない」

シリーズ37 「耐えている人びと」

シリーズ36 「ビルマという国−その2(ビルマの街角にて)」

シリーズ35 「宇田有三に迫る」

シリーズ34 「ビルマという国−その1」

シリーズ33 「星に願いをこめて」−ビルマの内戦へ向かう道すがら−

シリーズ32 「特集ビルマ-長期取材に向けて」

シリーズ31 「他者の死とどう向き合うか」

シリーズ30 「ナヌムの家」に暮らして−元「慰安婦」との1週間−英語版

シリーズ29 「ナヌムの家」に暮らして−元「慰安婦」との1週間−その3

シリーズ28 「ナヌムの家」に暮らして−元「慰安婦」との1週間−その2

シリーズ27 「ナヌムの家」に暮らして−元「慰安婦」との1週間−その1

シリーズ26 「ラテンアジア」からの報告−変わらぬ現実−

シリーズ25 「ラテンアジア」からの報告−その2−

シリーズ24 「ラテンアジア」からの報告−その1−

シリーズ23 「写真修行の日々」−最終回−
シリーズ22 「写真修行の日々」−その4−
シリーズ21 「写真修行の日々」−その3−
シリーズ20 「写真修行の日々」−その2−
シリーズ19 「写真修行の日々」−その1−
シリーズ 18 A view from the periphery
シリーズ 17 「想像する力・考える力」−現場の経験から(2)
シリーズ 16 「想像する力・考える力」−現場の経験から(1)
シリーズ 15 「縁」−ある司令官との出会いから−
シリーズ 14 「閉ざされた空間から ─感性に取って代わったもの─」
シリーズ 13 「語らぬ証言者」
シリーズ 12 「私的フォトジャーナリズム論(2)」
シリーズ 11 「私的フォトジャーナリズム論(1)」
シリーズ 10 「身近な、他人事の戦争2」
シリーズ 9 「身近な、他人事の戦争」
シリーズ 8 「明日への希望」
シリーズ 7 「異国に生まれ育って」 ―あるカレン難民女性の生活(2)―
シリーズ 6 「異国に生まれ育って」 ―あるカレン難民女性の生活(1)―
シリーズ 5 「義勇兵として生きて」
シリーズ 4 「バスレロに生きる」
シリーズ 3 「忘れられた内戦」
シリーズ 2 「心に刻まれた地震の記憶」
シリーズ 1 「いつか再び、喜びの涙を」